滝旅

滝を見る旅。滝旅。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

半年振りの投稿+1年ぶりの称名滝

約半年振りとなってしまいました
私事でいろいろありまして、お越しになられていた皆様には
新着記事が無く、申し訳ありませんでした

これからも、頻度はゆっくりですが、少しずつ滝の旅記録を
Upして行きたいと思います!

再開第一弾は、先日、1年ぶりに称名滝へ再訪する機会が
ありましたので、称名滝の再訪記をUpしたいと思います。

たまたま、金沢方面へ週末をはさんだ出張がありましたので、
フリーとなった日曜日に、富山から富山地方鉄道で立山へ
行ってきました。

立山駅から、称名滝探訪バス(約1本/時間)で、称名滝
駐車場に行くことが出来ます。(片道500円です)

前回の称名滝訪問記はこちら

今回の再訪も前回同様雨でした。
この時期はどうしても雨になりますね。。。

称名滝4

しかも滝の上方はガスがかかっています

称名滝5

ハンノキ滝は出ていました

滝見台から称名滝です。

称名滝6

称名滝3

上流の雪解け水?+連日の雨で、すごい水量でした。

出張の合間だったのでちゃんとしたカメラを持っていなかったのですが、
iphoneの動画機能で動画を取ってみました。
手ブレがひどいですが、良かったら見てください。





動画では分かりませんが、水しぶきが大量にかかっていて、
iphoneがびしょびしょになってしまいました。

いつか、良く晴れた日に訪問したいと思います。
(雷まで鳴っていてちょっと怖かったです


--------------------------------------------------
<観滝日>
2010/06/20(雨)
--------------------------------------------------


**********************************
これからも更新頻度は落ちますが、この半年で滝見した
場所も含めてUpしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
**********************************

JUGEMテーマ:旅行
 
| permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

日本の滝1(東日本編) 山と渓谷社

昨年、blogを書くに当たって意を決して、

「日本の滝2(西日本編) 山と渓谷社」

を購入しました。この本はとても内容が充実していて、
見るだけでも楽しく、また、夫婦で行く滝旅でも、行き先の
情報収集に大変重宝していました。

そうして12月の私の誕生日、嫁からのプレゼントが、

「日本の滝1(東日本編) 山と渓谷社」

でした

本

東日本の滝がたくさん収められていて、非常に見ごたえのある本でした
この本をくれた嫁に感謝いっぱいです

いつか、東日本の滝をじっくり見に行きたいと思います


JUGEMテーマ:旅行
 
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

塩江不動の滝(香川県高松市)/虹の滝(香川県木田郡三木町)

お久しぶりです!
今年初めての更新となりますが、よろしくお願いします

今年最初の滝旅は、香川饂飩の旅で再訪した香川の塩江不動の滝です。
以前の簡単な訪問記はこちら

高松から少し山を入ったところにありますが、
雪が降った後のようで、道の横などに雪が残っていました!

前回と同じように駐車場に車を止めると、すぐに滝が見えます。
塩江不動の滝1
塩江不動の滝2

下の写真で分かりにくいですが、左下の草の上に雪が残っています

塩江不動の滝3

滝下まで降りてみました。
落差25mほどの段瀑ですが、見ごたえがある滝です!

少しだけ動画も撮ってみました




次に、もう少し国道を山に入ったところにある、虹の滝という滝を見に行きました。

キャンプ場があるのですが、冬なので誰もいませんでした

雄滝・雌滝と2つの滝があるとのことでしたが、写真は雌滝のものです。

虹の滝1
虹の滝2

滝壺が変わった形をしていました。
また、下の写真にはうっすらと虹がかかっていました


高松からの帰りは、神戸行きのジャンボフェリーで4時間ほどの船旅です

ジャンボフェリー

夕陽が暮れる瀬戸内海をまったりと神戸へ向かいます。

明石海峡大橋

神戸到着の1時間ほど前に明石海峡大橋の下をくぐりました。
イルミネーションが綺麗でした


饂飩旅+滝旅+船旅と、充実の旅でした。


--------------------------------------------------
<観滝日>
2010/1/16(晴)
■塩江不動の滝
<滝までの道>
国道193号線を高松市内から南に下ります。
塩江町(塩江温泉)のあたりで滝へ行く看板が出ています。
そこから、車で約5分で滝壺前の駐車場です。
<ポイント>
駐車場からは滝はすぐ見えます。
ちょっとした公園もあり、季節によっては快適に
すごせそうです。

■虹の滝
<滝までの道>
国道193号線を高松市内から南に下ります。
塩江町(塩江温泉)をさらに超え、しばらく走ると、
虹の滝キャンプ場と書かれた案内看板が見えてきます。
案内看板どおりに車を進め、国道から約5分で
キャンプ場の入り口に着きます。
滝はキャンプ場の中?あたりにあります。
<ポイント>
夏はキャンプする人たちで賑わっているのでしょうか?
冬は、適当に車を止めて散策できますが、誰もいない
キャンプ場を歩くのは少し勇気がいる?!
--------------------------------------------------

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

今後の滝行予定とお礼

今年も後2時間弱です・・・。
夏前から始めたこのブログも何とか細々と続けることが出来ました

来年は、今のところ、

・笹の滝滝行更新(訪問済み)
・奈良の滝再訪
・四国地方の滝を何箇所か・・・
・中国地方の滝を何箇所か・・・
・九州(大分)の滝を何箇所か・・・
・できれば称名滝をもう一回見に行きたい!!!

という感じで滝行を計画しています。
また、ぼちぼち始めたハイキングも、まずは近くの六甲山登山から
範囲を広げて行きたいと思います。

今年はこのブログにご訪問頂き、ありがとうございました。
来年もぼちぼち更新しますので、よろしくお願いします。

では、来年も良い年でありますように


JUGEMテーマ:旅行
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

布引の滝・トゥエンティクロスから摩耶山へ(後編)

先日、ハイキングで布引の滝、その奥のトゥエンティクロスから
徳川道を経由して摩耶山へ行ってきました

今日は、布引ダムから摩耶山までの道のりをUpします。

先日Upした布引ダムの横に、実はすばらしい滝があります!!
五本松かくれ滝
五本松かくれ滝説明
布引貯水池の水があふれるときだけ出現する、「五本松かくれ滝」です
いわゆる放水路のようものなのですが、自然な滝のような地形になっていて、
写真のように流れているときは美しい姿を見ることが出来ます!

布引貯水池
紅葉の布引貯水池です。多くの人が魅入っています。

布引貯水池を後にして、しばらく歩くと、市が原という広い河原に出ます。
多くの人がバーベキューをしたりしていました。

市が原を過ぎると、トゥエンティクロスと名づけられた登山道に出ます。
トゥエンティクロス1
トゥエンティクロス
トゥエンティクロスという名前の由来は、昔外国人が、布引の谷を流れる川を
20回ほど渡りながら登山したことから名づけられた道です。

今は堰堤などがあるため、5回ほどしか川を渡りません。
トゥエンティクロス3
トゥエンティクロス5
トゥエンティクロス4
このように川を渡りながらのハイキングは楽しいです。
いつもの滝旅とは違った楽しさがありました

トゥエンティクロスは森林植物園の入り口近くまでありました。
森林植物園
ここから、徳川道と名づけられた登山道を歩きます。

徳川道とは、江戸時代末期に、外国人向けに開放された神戸の町を通らずに、
大名が参勤交代が出来るよう、急遽作られた道から来ている名前です。
実際に参勤交代で使われる前に明治時代になりましたが、その由来から
徳川道と名づけられています。
徳川道1
ところどころに歴史を感じます


徳川道2
徳川道4
ここの道も綺麗な景色でした。

最後の一踏ん張り上ると、ゴールに決めていた摩耶山掬星台展望台に
着きました
摩耶山1
摩耶山2
一山登った達成感と、綺麗な神戸の町の景色が合わさって、、
非常に感激でした

また機会があれば、滝旅と絡めてハイキングに行きたいと思います

--------------------------------------------------
<訪問日>
2009/11/29(晴)
<歩いた場所>
(前編)
神戸地下鉄新神戸駅→布引の滝(雌滝・鼓ヶ滝・夫婦滝・雄滝)
→猿のかずら橋→谷川橋→布引ダム
(後編)
布引ダム・布引貯水池→市が原→トゥエンティクロス→森林公園東口
→徳川道→摩耶山

<ポイント>
摩耶山からの下山はロープウェイ+ケーブルカーを使いましたが、
元気があれば徳川道をそのまま下山してもよいかと思います。
(慣れていない方は乗り物使ったほうがいいです)

<その他>
歩行距離:約8km 
標高差 :約640m
     (新神戸近辺:標高約50m〜摩耶山掬星台展望台:標高690m)
歩行時間:約4時間(10:30新神戸〜14:30摩耶山掬星台展望台)
--------------------------------------------------


JUGEMテーマ:旅行
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村